Chenbro SK33502T3

DSC_0061.jpg

スチール製でずっしり重い
HDDを満載したら更に重い。振動の心配はないけどケースは重くなる

良い点
・3.5インチHDD用のリムバケースで唯一のSAS 12G対応
・USB3.0ポートがある。まぁ普通ケースに付いてるし、正直これは不要だと思うけど。それならM.2(SATA)のベイ付けてほしかったなって。薄いし何とかいけるやろ
・スイッチでファンとブザーをONOFF出来る
・4ピンのPWMファン装備。これも唯一。勿論温度によるファンコン機能も搭載
・HDDアクセスディスプレイ(ベイのLEDの事か?)をSGPIOとHDDで切り替え可能。RAIDカードを使ってるならSGPIO対応はありがたい
・ファンはツールレスで交換可能。この辺は如何にも鯖向けって感じ

悪い点
・高い。送料入れると1個20000円を超えてくる。と言っても価格は作りの良さに反映されるので仕方なくはある
・ベイの部分が前に出っ張ってる。そんなに気にはならないけど・・・

注意点
・バージョンが2つ(古いのは後ろ2文字がT2)あって、ebayなんかで安く出てるのは古い方なので注意。まぁ古い方もSATA6Gでそこは問題ないのだが、USBが2.0で本格的に不要なのとファンがPWMじゃないのが致命的。ファンコン機能もないらしく爆音でそのままではデスクトップで使うには厳しいし・・・

総評
・SAS 12G対応だし、作りも非常に良いし、おまけでUSB3.0ポートも付いてるし、ファンコン機能もあるしで今リムバケースを買うならイチオシと言える
高いのが難点だけど、リムバケースは安いのでも1万程度はするし、どうせならもう1万ぐらいだしていいのを買うべき

■追記
ファンの音はそれなりにする
HDD5台フルに積んでるし、5月末で大分暑くなってきた(気温21度)から仕方ないけど
9センチで口径が小さい分高い音が耳につくというか・・・。静音PCで使うには厳しいかなって感じ。ファンの抵抗ケーブルは必須かも?

まぁその分冷えるけど。上記条件でもHDDの温度はどれも37~38度に収まってるし
真夏でも40度ちょいぐらいには何とか抑えれそう

■追記
4ピンの抵抗ケーブルかましてみた
大体ファンの回転は50%ぐらいになるみたいだけど、確かめようがないので(

温度は29度でHDDはどれも40度近く
ファンの騒音は十分抑えられてるし、HDDはまだ十分冷えてる。これなら何とか・・・
スポンサーサイト
[PR]

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析