バックアップを考える

全データ、つまり15TBちょいのね

主要部分はこんな感じにして、

ケース:RA2-420(4Uラックマウントケース, 1000W Redundant電源, 24xSATA/SASホットスワップ対応トレイ):約13万
HDD:WD20EARS(WDの2TBHDD) * 24:約17万
RAIDボード:ARC-1880ix-24(24ポートRAIDボード):約14万円

CPUとかは適当にCore i3辺りでインテルマザーをチョイス。メモリも2Gぐらい盛っておく
ここはローエンドクラスで構わない

んで、HDD24台をRAID6。OSに100GBぐらいパテ切って残りを全部データ用に。RAIDのホットスペアは・・・なしでいいんじゃね

更にこれをもう1台用意して、データ部分を丸ごとバックアップし続ける
RAIDはシステムを止めない為のものだからね。バックアップは必須



100万近くなる・・・のかな
まぁRAID止めて、HDDの台数減らして、ケースも普通のケース+SATAリムーバムルケースとかにすれば大分安くはなるんだが
それでも高いんだよなー。個人で15TBのデータのバックアップは少々(?)厳しいものがある。HDD1機で済む2TB程度ならいいんだけどねぇ・・・

でもまぁ、HDDって最適な状態で使えば100年は持つとか見たんだけど、それならば時期が来れば自然と行う(?)HDDの買い替えでデータはずっと無事かもね。運になるけども
HitachiDeskstar7K1000(SATA2-1000GB)のデータシートによると40℃の筐体温度環境で最低5万回、5~60℃の範囲で最低1万回起動できるとある。一日1回起動したとして40℃で最低137年、60℃で最低27年は耐えるということだ。一方シーゲートはMTBFという平均故障間隔で寿命を表現していて シーゲートのエンタープライズ級のHDDではこの平均故障間隔を平均100万時間以上であるとしている。24時間稼動で114年もつ計算だ。
壊れる前に移していけばいつまでも持つ事になるもの
・・・HDDが27年でも持つとは考えにくいが、10年ならば・・・?
スポンサーサイト
[PR]

CommentList

Comment

No title

自分はあまり、バックアップ取るデータは少ないですが、システムもしょっちゅう変わるので、もしもの時のためにも、確かにバックアップ用のPCは欲しいですね。
というより、SAM氏の取るべきバックアップのデータ量多すぎです(笑)

No title

というより、外付けHDDでもいいといえばいいんだよねw

No title

外付けでも、結構な額行きそうですねw

No title

多めに見て20TB用意するとして、2TBHDD10台と外付けHDDケース(適当な4台入る奴。15000円ぐらいで)3台で約12万円ぐらい
バックアップのみならこの12万で済む

・・・記事のに比べると安上がりだがそれでもなぁw

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析